税理士目指しながらいろいろ書く人のブログ

税理士目指しながらいろいろ書く人のブログです

彼女の色

日曜日~٩( 'ω' )و

担当先が増えちゃって当面毎週休日出勤の予感~٩( 'ω' )و

曜日感覚返せコノヤロー٩( 'ω' )و

 

法人41件

個人40件(事業的規模の青色申告5件含む)

相続1件

 

こ、これは私がこなせる件数なんでしょうかね…?

法人に関しては全部が全部毎月関与するわけではなく、

修正もほとんどなく申告だけ的なところも15件ほどあるわけですが。。。

 

これで次回の評価査定でクソみたいな年収提示されたらどうしよう

(所長に対するストレスで口が悪いのを隠せなくなる)

 

個人的なタスクとしては不満しかないですが、

他の人間関係が良すぎて楽しいんですよ~

どうしよう?

 

仕事がそんな状況で、

自宅でも環境の変化が。。。

 

我が家の階下、長らく入居者がいなかったのですが、

こともあろうか大晦日に引っ越しの気配が!!

引っ越しそばと年越しそばを一度に済まそうという魂胆か!?

うちには大型犬がいるけど大丈夫な人種か!?

というか、先手必勝!!

 

と、牽制挨拶をかまそうと思ったら

玄関を出る前に階下から人が去る気配が。

 

日を改めて

今日こそ人の気配!

と思って玄関を出ると、階段をかけ降りて建物から去る気配が。

 

…話しかける前から若干避けられている?(;´Д`)

東京ルールな距離感をご希望されている方なのか。。。

 

と思い、トラブルにならないといいけどなー、、と、憂鬱な数日を過ごしていましたが

本日宅配便を受け取る際についに階下で荷物を搬入している気配を察知!

これは逃げようがあるまい!と、かなりモンスターな近所の人マインドで階下に降りてみると

男性と鉢合わせしたので牽制ご挨拶

 

「あの、お引越しですか?」

『あっ、そうなんですよ~。上の方ですか?』

「そうです~よろしくお願いします~。…あのー、、うち、大きい犬がいるんですけど」

『はい!隣の焼き鳥屋さんから聞いてます!』

「隣の焼き鳥屋さん!?もう話しかけられたんですか!?(奥さんかな。。コミュ力高すぎすげぇ)」

『はい、大きい子がいるけどすっごいいい子だよー。って。

うちも2頭トイプーがいるんですけど、あと妻と、娘が中3で。

僕の実家は近所にあるんですけど、親が認知症になってきたので近くを探してたんです。

2月1日に本格的に引っ越しになるので、ちゃんとご挨拶に伺おうと思ってたんですけど、うるさくてすみません。』

 

。。。めっちゃちゃんとした人だった。

 

その後、夕方に黒犬くんと外を歩き散らかして帰宅すると、

階下を通過したら玄関が開いて、奥さんと娘さんともご挨拶。

黒犬くんは愛想をばら撒く通常営業ぶりを発揮しましたが、

 

娘さん『大きくて可愛い~!!!』

 

好き。

好きなご家族確定。(ちょろい)

 

というわけで、自宅の方は良い変化っぽいです。

 

しかし。。。

ファミリーが暮らせてしまう広さに1人と1頭なんだよなぁ。。。

と、思うと。。。

(しかも階下よりうちの方が居住面積広い+屋上)

 

またルームシェアする人を探すか、、

引っ越し、、、は、一人暮らしと考えると高くついてるけど、全く考えられない。

大型犬OK物件では破格の高コスパだし、黒犬さんを看取った場所から離れる気には今のところ全然なれないし、ご近所付き合いが良好すぎるし。

 

それかもう1頭迎えるか。。。(え)

 

ちょっと考えたりもするんですが、しょっぱなから留守番三昧な環境はお互いによくないよなぁどう考えても。。。

それに、黒犬さんと黒犬くんの組み合わせだって喧嘩こそしないものの、2頭いるから寂しくないということは全くなく、

とにかく私に早く帰ってきてほしいという主張の毎日でした。。。

 

そんなわけで(?)最近職場のデスクトップもはてなブログのアイコンである箱入り娘にしているんですが

f:id:kuroinujukennsei:20190310213458j:plain

「はよ帰ってこんかい」

の、顔に見える。

お嬢様、箱が変形しております。(好き)

 

そして、毎日顔を見ているので、もう会えないという実感が薄れています。

彼女がいない日常には慣れてしまったはずなんですが、早く帰るからねーーーーーー!!という気持ちで仕事をします。

 

仕事が早くなった気がします。(プラセボ)

 

 「健やかなるときも、
病めるときも、
富めるときも、
貧しきときも、

相手を愛し、
真心を持って接する

 

これってめちゃんこ難しいですよね」

 

と、最近知人から愚痴られたのですが

(いろいろあるみたいです)

私もちょー一大事が起こったときは人が離れていった記憶しかありません。

(人格・人望の問題)

 

私、対イヌだと呼吸をするのと同じくらい当然に↑のスタンスだな~

と思いました。

 

と、同時に、対ヒトだと途端に壁が分厚くなるのは共通言語があるからかもな~

という気がいたしました。

 

先日、帰りの満員電車で理サブを開いて暗記にふけっていたら

『student?』

と、隣に立っていた外国人に聞かれました。

その前に親子連れの幼稚園生くらいの男の子に「可愛いですね」と言って笑いかけていたので、

外国人フレンドリーだなー。と思っていたらこっちにきた!

 

私は英語が話せない&満員電車で質問されても困る&暗記したのを忘れそうで困る/(^o^)\

ということで、首を振ったり頷いたり小声で単語で返答。。。

身動きが取れない状況すぎて逃げられない。。。

 

『student?』

…学生ではないはず。首を振る。

『study?』

…勉強、、ではある。頷く。

『何のstudy?』

「んー。。Tax?」

『Tax?nice。。。Tax office?』

おぉ、職場?タックスオフィスっていうのか。。。多分そう。頷く。

『excellent!speak english?』

首を振る

『ちょっと(英語)出来る?』

「全然」

『私も日本語ちょっとだけ』

ソ、ソウデスカ。。。

『ユールックススマート』

ん?それは多分褒められてる?

『日本語教えてください』

首を振る。降車駅に着いたのでさっさと降りる。

 

めっちゃ冷たい日本人だよ!!断るにしても英語って出来たほうがいいな!!!

と思って英語ができる知人にその話をしたら

『それは、、ナンパなのでは、、』

と言われました。

 

…ナンパだったなら早く言ってよ!!

英語話せるようになりたいなら英語圏の人と付き合うのが一番手っ取り早いって超昔に好きだった人(英語ベラベラ)が言ってたよ!!

共通言語ないのに教えられるわけないじゃん、人選びなさいよ

としか思ってなかったよ~

 

(ナンパに引っかかる気あるんか)

 

でも、同じ国に生まれても文化の違いってあるけど、同じ国に生まれた者同士の方が溝が深い気がするんですよね。

異文化が前提としていれば許せることもある気がするというか。(電車でナンパとか)

まぁ、対ヒトに関しては割と推測でしかないですけど。

 

で、帰宅して

『ユールックススマート』。。。

と思い返し、鏡を見ると、(単純 )

黒髪に黒のロングコートにさっきまで履いていたのは黒い靴

理サブのブックカバーはドがつくほどの赤

あー、これで税金の勉強はスカしてるわ。。。

とも思いましたが、黒×赤は黒犬さんの色。

(黒犬くんは黒×青)

あら~こんなところにもいたの~。

とも思ったし、この格好で褒められた(んですよね?)というのがちょっと嬉しかった出来事でした。

言語通じなくても全然OKだよ~。(ちょろい)

 

それにしても、毎日の通勤着を無意識で適当に組み合わせるのはあんまりよくないんだろうなとは思いました。

服装やおしゃれに興味がなさすぎる。。。

インスタとかを拝見していると税理士受験生女子たちの女子力が高すぎて恐れおののく。。。(そしてしっかり合格されていて恐れおののく。。。)

そういう細部に気が回らない人間性だからダメなのかもしれませんね。。。

 

いや、でも、うーーーーーーん。。

人は人。というか、向き不向きがきっとある。私に服装のセンスはない。隣の芝は見ない。隣の見るのは答練の成績分布表のときだけ!

隣の芝と比べるために繁忙でもちゃんと答練は出席しようという決意をして〆

(またずいぶんダラダラ書いてしまった)

年賀

新年あけてました!おめでとうございました!

んで、日曜日~٩( 'ω' )و

 

明日から仕事ですね。

ちょっと信じられません。

黒犬くんとほぼべったり過ごした年末年始、幸せでございました。

 

年賀状、作成するまでは激しく面倒くさいし制度として廃止してほしいと思ってしまいますが、

届くのを見るといいものですね。(ご都合主義)

 

師走の真夜中のある日、以前の職場の所長から、

「元気にしてますか。俺は元気です。いつでもいらっしゃい」

というぶっきらぼうなメールが届いていたので、

酔っぱらいかな?

と思い、それなりのメールを返信させていただいたのですが、

年賀状にも

「自分の思う通りに進みなさい。いつでもいらっしゃい」

と手書きで付け足してあったので、これは挨拶に行かねばならんやつや…!

と、思い、黒犬くんを連れてご訪問…というよりは、ふらっと寄りました~☆くらいのテンションでご挨拶に行ったり。

 

実家に行ったら母が得体の知れない絵を買っていたり。

(娘はまだ壺買ってないのに…!)

 

もーね、マルチとか高齢者ビジネスとかに引っ掛かりやすすぎる母なんですよね。

お金ないのに。マジで謎。

けど、引っ掛かる気持ちはわからなくはないというか、寂しさっていう感情は根深いよなぁ…。とは思います。

緊急家族会議開催&継続中

 

そんな中、勉強はどうなんだ、ということなんですが。

と、取引相場のない株式の評価だけ…!

でも総合問題を解いて、何となく全体も回せた感じでしょうか……

 

って、これじゃあかーん!

 

やる気は充填されたんです。

 

 

m.youtube.com

 

以前は犬の訓練士を目指していたのですが、ペット業界の現実を見て仕事にするということに挫折しました。

殺処分される犬を家庭犬向けに訓練し直して、終生を送れる家庭に譲渡する

という理想像は、仕事にならないのだと。ボランティアにしても金の出どころがないのだと。食っていけないのだと。

繋がりたくない業界との繋がりを持たなければ成り立たないのだと。

 

でも、↑の方、私の理想を実現してるんですよね。

や、まだ道半ばなのかもしれないんですが、この人なら!と思わせる手腕とYouTubeという現代のツールの組み合わせが素晴らしい。。

 

ペットショップ業界を潰したいという過激派な犬好き友達にシェアしたら拡散しまくってくれましたw

物資や資金を送る以外に出来ることないかなーと思ってとりあえずPCで動画を無限再生させたりしてるんですが、この方、一般社団法人でやってるんですよね。

以前、同じく一般社団法人で保護活動やってるところが顧問先にあったのですが、まぁ経理に労力割けないんですよね。

それで訓練なんかもやってたら大変だろうなぁと。

もう税理士はいるでしょうけど、もし、もし経理作業まで手が回らないような状況なら、私やりますよ!

…ってね、言ってみることすらできないじゃないですか。

無資格だと。

 

そうやって、動きたい時に動けない自分って情けないなー

と思って。これに限らずですけど。

うん、まぁ、志ばっかりはご立派なんですけれども、実態が体たらくですからね。

 

習慣を変えるには

①環境を変える

②時間を変える

③会う人を変える

ということが必要だそうです。どこで見たかは忘れました。

 

最も無意味なのは

・決意を新たにすること

だ、そうです。

 

…とりあえず時間かな!環境も変えようと思えば変えられるし会う人も変えられる!

次の講義まてまであと9日、新習慣形成!

という、鼻息の荒い〆で今年こそはよろしくお願いいたします。

振り返れば

半目を開けながら寝ている。

 

f:id:kuroinujukennsei:20191110134005j:plain

(毛だらけ画像で申し訳ございません)

 

半目で寝て

f:id:kuroinujukennsei:20191110134025j:plain

ない。起きている。

(どういう気持ちでその目線なんすか)

 

というわけで、今年も1年終わり、2019年大晦日

あっという間…ではなかったなぁ。

転職や、税理士試験の撤退や、諦めがつかなかったことや、

仕事のあれやこれや。

仕事は楽しかったけどきつかったですなぁ。

 

そんな年の瀬に一瞬で辞めた前士業グループの美人と会いました。

と言っても、彼女がいた部門もグループの方針転換に愛想を尽かせて3月に独立してしまったのですが。

他にも何人か連絡は取っていて縁が続いているので、人間関係って接した期間だけじゃないんだなーと、この年になって思います。

 

そんな彼女はちょっと胡散臭い不思議な学問を学んでいて、

陰陽五行だとか相生相剋論だとかの東洋哲理で国や人の動向を読む

…らしいのです。

 

私の基本的な性質も見てみましょうか。と言われたので

壺とか買わされるかと思いました。

お願いしました。

 

…(省略)当たりすぎてて書けないくらいだったので込み入って話を聞きました。

 

直近でいうと2018年が相当酷く、崩壊とか破壊とか、とりあえず壊れる年。

2019年はそんなに悪いわけではなく、まぁまぁ。

2020年はものすごくいい年なのでとにかくやりたいことはなんでもやっていい。

行動すればするほどいい。

年単位での大運もあるけど、私の場合は月単位でもいい月が多くて、12月、1月はよい

 

…私、2019年が前厄で2020年は本厄なのですが。。

と、申してみたところ、

 

現代で言われている厄年というのはも意味はなく、本当に気を付けないといけないのは天中殺という期間

干支で一回りという考え方も本来は十干十二支といって12ではなく60で周期が1周する

(なので60歳を還暦というのだとか)

 

…とかなんとか仰っていましたが、口述で聞くには難しかったのでよくわかっていません。

ただ、日本の今までの歴史や現代の生活や皇室や政治にも取り入れられている思想でや論拠で、でも一般的には表に出ないようなもの。ということのようなので、私とても興味がわいてしまいました。(まんまと)

 

で、私の天中殺は2022年から2年続くので、その時は自発的に何かに挑戦したりエゴを出してはいけない

でも、2020年はちょっと説明は面倒だから省くけど、とにかく動け

 

とのことでした。

 

振り返れば2018年は本当にひどい年でした。

物事の発端は2017年でしたが、それに大きく裏切られたという気持ちになったのは2018年

黒犬さんが亡くなったのも2018年

とんでもなくお世話になった職場を出たのも2018年

お付き合いしていた人に対して、私ってこんなに赤の他人を憎めるんだwと思うくらい憎んで嫌いになって別れたのも2018年w

転職した先の税理士法人が組織崩壊を起こしていてモラハラで死にそうなくらい追い詰められたwのが…2019年!

 

と、思ったら、

「旧暦で考えるので2019年の2月5日で一区切りです」

とのことでした、、、え、辞めたの2月の初めですし。こわ。

 

というわけで、そこで区切るなら確かに悪い年ではなかった…?

前の職場に拾っていただくという感謝しかない出来事もありましたし、

今の職場は所長とは考えが相容れないことが多々ありますが、多々のケースを除けばw人間関係がとてもよろしい。

 

あ、税理士試験は落ちました。

(当たり前すぎてブログに書くの忘れてました)

 

…どうなんだろう2019。。。笑

でも、2020年いい年!!!と大プッシュされて悪い気はしないので、精力的に頑張ろうと思います。

2020年の目標は、平熱を36℃台に上げること(できれば36℃後半)と

相続税法合格!!

あとは人と会う!コミュニティの方向を変える!

とりあえず年越し勉から!

取引相場のない株式やります!実務でもわけわかんなくなって株評価3社残したまま仕事納めにしてしまったー!

 

それでは今年もありがとうございました。

この零細ブログをご覧いただいてしまった方々も、よいお年をお過ごしくださいませ~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

続きを読む

備えられる災害

2019.10.13追記

全国版のハザードマップを追加

disaportal.gsi.go.jp

↑のサイトの

↓これだと自分の地域の洪水・土砂災害・津波の情報が一目でわかるのでよいかもしれません。

今度引っ越す時の参考に。←

disaportal.gsi.go.jp

 

2019.10.12台風上陸中

風が弱まってきたー@東京都江東5区

今後のために備忘録

 

足立、葛飾、墨田、江戸川、江東

大規模水害ハザードマップ↓ 

http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/018/693/hm.pdf

我が家、完全に赤いエリアです。

浸水&浸水持続時間2週間以上…

しかも、家の真横を高架が走る最強路線の京成線がさきほどまで運行をしていたため、風で電車転がってきたらどうしようとひやひやしていました。

頑張らないでほしい。誰得なのか。

 

事前の対策としては、3日程度の停電&断水&断ガスになっても大丈夫なように。

 

【住】

~前々日~

・資源ゴミの日に空いた2ℓペットボトルを出さず

・雨が降る前に雨戸がある部屋の雨戸を閉め

~前日~

・アウトドア用のふざけたランタンに電力を与えるために単1電池を2本確保

・雨戸がないガラス戸に段ボールを張り、物の飛来に備え

~当日~

・午前中に黒犬くんを洗う

 →どこかに避難させないといけなくなった時も考えて直前に洗って損はない

・風呂掃除をし、浴槽に水を張りなおす

・洗濯機と乾燥機をフル稼働させて洗濯物を片付ける

・掃除機を使いたいところは台風上陸前に

・PC、スマホタブレット等の充電

 

【食】

~水~

常に20本前後のストックで運用

~前日以前の冷凍庫~

・食パン

一人だと1斤買っても消費期限内に消費できずにやむなく冷凍

停電で自然解凍になっても食べられるのは実証済なのでそのまま保留

・鶏ムネ肉

安い日にまとめ買いしてあるw生活感w

火を通す前日に解凍しておく

~前日~

カップ麺3つ…と、お菓子を買うw

普段買わないので、保存がきくから!と、ここぞとばかりに煎餅を購入w

~当日~

・2ℓペットボトルに水道水を詰める(3日くらいは飲用いけるかしら)

・火を入れないと食べられないもの&保存がきかないものを調理

・米を炊く

 …何食べて生きて行く気だろうw

 

以上、私自身は割とガチガチに備えていたんですが、

昨日家族に連絡を取って備えの確認をしたところ、

母に爆笑されました。

 

「都内で停電なんてしないでしょ?」

 

とのこと。その自信はどこから来るんでしょうか。。。

一応、水害と下水リスクと満潮時間について説明しておきましたが…

年を重ねた人って本当に厄介です。とだけ書き残しておきます。(これでも自重)

 

そんなこんなで当日、

今は一応通過したようですが…

母が住む新宿区も停電してますし、私の地域の河川氾濫もダムの緊急放流の影響で明日以降にならないとわからない状態です。

 

そんな中で、平常時はペットと同行避難を推奨していたらしい区が

いざ避難指示となったらペット連れ避難不可と手のひら返しをしているという情報が入ってきました。。。

そ、それはちょっと許すまじですけど~~~~~~~????

私自身は避難するつもりはなく、ただ、いざとなれば区外に黒犬くんを避難させられるところを当たらなければ…とは思っていますが、

区内で避難する選択肢を持っていた人もいるはず。

ペットも連れていけるなら安心。と思っていたはず。

一応、区の言い分としては、

「同行避難の推奨は地震災害を想定した場合で、台風の避難では当てはまらない」

とのことでして…。

え、謎~~~~~~?謎すぎるロジック~~~~~~~~?

 

というわけで、やっぱり行政信用ならねえなと思いました。

場所によっては担当者判断で入れてくれているところもあるみたいなんですけどね。

こりゃ戦争だわ。。。

 

で、戦争で思い出しました。

先日、東京拘置所の矯正展に行ってきまして。

 

第8回東京拘置所矯正展~「まち」とともに~

自衛隊のブースで自衛隊員の戦闘食を展示(?)していたのですが

f:id:kuroinujukennsei:20191012231528j:plain

 

↓これ!

 

f:id:kuroinujukennsei:20191012231605j:plain


石灰と水で温めるやつ!

これいいなと思ったのを思い出しました。

実践していた自衛隊員の方は、使う水は温めるのに使うだけで口には入らないので雨水なんかでも大丈夫と言っていました。(今回は一番近くにあった麦茶を使用)

災害時にもオススメで、自分も自宅に常備しています。…自衛隊のものを横領しているわけではなく、個人的に買ってですよ!

とも。(後半は横領でもどっちでもええわと思いました私個人としては。。)

 

備えられる災害の台風でこんな状態なのだから

備えられない大規模地震ならもっと大変なことになるなと思った次第。

普段の備えで足りてない部分もあるし、かといって防災ばっかり意識して不必要な買いこみをしてもよくないしで…

改めて考えるきっかけにもなりました。

 

河川の氾濫や増水はまだまだ予断を許さない状態ですが、

各地の被害が最小限で留まりますように。

 

あー、全然勉強してない。一日中家にいたのに。

今からやるか。。。

未来の話がしたい

「自分らしく生きる」

女性士業の働き方を考えるトークイベント

www.career-adv.jp

というものに参加してきました。

 

自分の将来どうするんだろう。というのはずっと考えていて。

そもそも税理士を目指したのは、

・独立開業ができる

・自分の采配で働いても文句を言われない国家資格

という2つの条件からでした。

自分の家の相続がきっかけで税理士という職業を知ったので、

税理士になるなら相続を扱える税理士になるというのは決めていて。

さらには、近年の家の事情を考慮すると、まぁ税理士を諦めたとしても起業はするだろうな。。。と考えていて。 

 

途方もない話じゃないですか。

もうね、一人で頑張っている時って限界がチラチラ見えるんですよね。

(うちの家族は人員構成的に私が動かないとしょうがない、みたいな感じなので)

 

あー、誰か理解者がいればなー。

とか思って、時々婚活もどきをしてみたり会って話してみたりするんですが、

結婚に限らず人付き合いって相手に合わせるというか

お互いに合わせて成立するものだと思うんですが、

私、プライベートで他人に合わせるキャパがもう何一つ残っていないんですよね。

(仕事の時はもちろん顧問先毎に合わせます)

そして理解してほしいと思う一方で、

親の話にしても、兄弟姉妹の話にしても、犬の話にしても、学歴の話にしても…

もうね、掘り下げるまでもなくエピソードがいちいち重すぎるっていうか

地雷原みたな話にしかならないわけですね。

ハンデありすぎやん。これを誰かに理解してくれとか言えんわ。

唯一いけそうな仕事の話とかでも、気を付けてはいてもMMTとか消費税廃止とかブロックチェーンからの中小企業の話をしてしまったり、

もうちょっとうっかりすれば香港の暴動とか

サウジアラビア関連の話とか始めちゃうしで、

もうお前口開くな。

って感じなので、とりあえずお相手の話を広げようとインタビュアーに徹して

海外旅行に行った話とか、毎週スポーツに興じている話とか、映画や読書の話とか、

それのどんなところにハマっているのかとかなんやかんやでその場は盛り上がって、

あー、楽しかったね。また話しましょうね~。って解散をした時とかは、

帰りの電車に乗ってからどっと襲ってくる疲労感。←

私、なにしてんだろ。と。

結局、出来ることを頑張るしかないか。と一人で頑張ってみて以下ループ。

 

そんな時にぽん、と知ったのが川上未映子さんの「夏物語」

夏物語

夏物語

 

 教えてくれた人は単純に川上未映子さんが好きだったようですが、

私は題材に衝撃を受けて、単行本が出る前のこちらで読みました。

f:id:kuroinujukennsei:20191006162128j:plain

こんな雑誌(?)あるんだー。と初めて存じ上げ。

 

「夏物語」は、パートナーなしの妊娠・出産を目指す人の話です。(ざっくり)

まったく同じではないけど、描写される主人公の夏子が生まれ育った環境が感覚として想像できる程度には私の来歴と似通っていて感情移入するには十分だった気がします。

それに数年前に、夫は無理だけど子どもは育てたいと思って特別養子縁組の要件なんかを調べて結局断念したことがある(一人で特別養子縁組をしようとしたら保育士とかの資格が必要とのことで、私には現実的ではなかった)ので、

パートナーなしの妊娠・出産というのは「その手があったか…!」と、衝撃でした。

 

文中で一番衝撃を受けたのが、夏子が酔っぱらって書いたメモというかポエムというか短い文章を翌日発見して

恥ずかしいやら情けないやらいろんな意味でしんどいやらで即座に捨てようとして捨てられなかった文章の中の一文。

f:id:kuroinujukennsei:20191006170736j:plain



‟淋しい と書けばほんまで嘘 でもそうじゃない

わたしはこのままひとりでいい

 

いいけど、わたしは会わないでええんか

わたしはほんまに

わたしは会わんでええんか後悔せんのか

誰とも違うわたしの子どもに

おまえは会わんで いっていいんか

会わんで このまま‟

 

31歳、独身、号泣。以上。

 

結局夏子はパートナー(だと私は思っている)を見つけるので私にとってはあまり参考にならない決着でしたが…あ、小説としては素晴らしいと思います、でも、これからの現実を考えるにはあまりにもリアルな読書でした。

 

そんなこんなでいろいろと考えるわけですが、結婚した女性たちの話を聞くと、私の生い立ちや来歴や現状がもしなくて結婚できたとして、旦那さんがそんなだったら私だったら旦那さんに毒盛って殺すか良くて離婚しちゃうなー。と思いますので、私は結婚できてもしない方がいいのだと思います。(真理)

 

そんな中で知ったトークイベント。(ちゃんと戻ります、すみません。)

あの!あの!田村麻美先生

あの!あの!脇田弥輝先生が講師とのことで、即申し込みをしました。

 

特に田村先生は、数年前にブログを拝見してめちゃくちゃ面白い税理士だな!と思ってちょくちょく覗いていたので、書籍発売を知った時超絶びっくりしたし嬉しかったので即買いでした。

脇田先生は美人すぎる税理士で、もう言わずもがな雲の上の人。笑

 

内容は…お二人のプライベートなアレなので詳細は省きますが、

脇田先生は子育てをしながら受験、

田村先生は出産と同時に開業&子育てや家事は旦那さん

というパターンなので、全然違うルートでもご活躍されていてすごいなと思いました。

特に田村先生の話は、

結婚しても出産&育児って男性はどうせやらないんでしょ。手伝って”俺はやってる”みたいなことを言って奥さんのストレスゲージを溜めたり逆鱗に触れたりするんでしょ。

と、いう偏った予備知識があったので(でも多くはそんな感じだろうなという印象)、そうじゃない男性も現実の世界に存在しているんだな…!という驚きがありました。

 

イベントの後半ではお二人とも直接お話できる機会があったり、これまた田村先生の一言でまたちょっと別の方向への手出しを考えたりと…

スタプラ繋がりの受験生も2人参加されていたことを後で知って(私お話したのに気づかなかった…!すみません。。)、濃密な2時間でした。

 

あ、そういえばブログ、半年後に更新って言ってた気がします…。

変わらぬ有限不実行ぶりで申し訳ございません。投稿ポチー

 

税理士試験とか最近の犬のこととか(ほぼ犬のこと)

半年以上ぶり~٩( 'ω' )و

 

転職先の税理士法人を確定申告期間である試用期間で離職したり、

離職期間中に前の税理士事務所で確定申告のお手伝いをさせていただきながら転職活動したり、

新しい事務所で私にしては荷が重い件数の担当先を任されたり、

いっぱいいっぱいの状況で申告期限まで3ヶ月を切った相続人の一人が非居住者の相続を振られたり…

そんな中で試験勉強の時間が取れずに税理士試験自体を撤退しようと思ったり、

 

f:id:kuroinujukennsei:20190922151638j:plain

 

で、最後の分母受験のつもりで立教大学に行ったのがもう1ヶ月半前ですね。。。

時間が流れるのが早い!!

 

でもいざ答案を目の前にして、解けるところだけ解こうと思ったら意外と時間いっぱいまで解いていて、

ちゃんと勉強時間を取れていたらこの2時間が違ったものになっていたのかなとか考えたりしたら、謎の受かりたい欲が出てしまって…

 

結局来年の相続税の対策講座を受講しています。

 

分母受験した簿記論と所得税は一旦差し置きます。

なぜなら私は飽き性だから。(え)

 

…というのもありますが、国税3法は一つの税法を深追いするより相互の知識があったほうが理解が深まるような実感が強いからです。

感覚です。(キリッ)

あとは、相続は絶対に取ろうという思いは税理士試験に挑むと決めた時からあったので。

 

そんな感じです。

再来年は法人税受けると思います。(さすがにそれは誰も得しない嘘)

 

で、受験も辞めようとしてたこともあってブログは閉鎖しようかなと思っていたんですが

今でもちらほらとブログを見てくださっている方々がいる??んですね。。。

 

閉鎖するにしてもなにか一言ダイイングメッセージを残そうと思ったのですが、

税理士試験に再挑戦することにしてしまって閉鎖する理由もこれといってなくなりました。

というわけで、半年に1度くらいの更新ペースでやっていこうと思います。

税理士試験関係ないことばっかり書きそうですけど。

犬とか犬とか犬とか、犬とか。(飽き性のくせにしつこくてすみません)

 

そうそう、またブログを書く気になったのは黒犬くん関連でですね、

今週、相続税の講義から帰宅したら黒犬くんの様子がなんだか変。

 

置いていた水が全部なくなってるし

外を歩いても足取りが重い。

水は朝500㏄、夜500㏄、寝る前に250㏄は最低限の水分として飼い主管理下で飲ませて、

その他はいつも出掛ける前に1ℓくらい用意しているんですが、

外から帰ってきても1ℓ程をがぶがぶ飲んで…

体重35kgに対して3ℓオーバーは飲みすぎなんです。

それでもそんな気分の日もあるかなと思ったのですが、朝方3時頃に勝手にトイレに行った気配がしたので見に行くと、大量の催しと、またもや空になっている水の入っていた食器。

いつもは夜中に勝手にトイレに行くことってないんです。ただし、私がトイレをさせずに寝てしまった場合を除く。(ただし書は前段打消しの規定のパターン)

これはただ事じゃないかもしれない。

ついに腎臓系かもしれない。

1年前まで破壊神だった彼は犬が食べてはいけないものをたくさん口にしてきました。

その度に私は彼を病院送りにし、(言い方)

検査を受けては異常なしの結果に獣医師と一緒に首をかしげてきたものですが、

車の手配をして、信頼している動物病院の獣医師出勤表を確認し、

朝の6時頃に所長に午後半休の有給消化申請を送り、

出勤して改めて急な有給申請の言い訳をし、許可をいただいたので

急ぎの給与計算や資料確認を午前に済ませて半休をいただきました。

 

9月は黒犬さんとの最後の時間を過ごした月で、

ちょうど1年前の今頃のことをていました。

あれから1年、また全部を思い出すのが難しいくらいいろんなことがあって、

そんな中で黒犬くんは確実に変わって、少し黒犬さんっぽい振舞いをするようになりました。

それもまた切なく、もし黒犬さんがいなくなった代わりとして振舞っているならそんなことしなくてもいいのにとも思うし、私が1対1で犬と過ごすとこういう性格になるのかなと思ったりもして、それなら1人と2頭でいるときももっと向き合っていればよかったという気持ちもあったりで、まぁそんなこんなで、

私は神を信じていないのですが、もしいるなら私は何だってするから、

お願いだから黒犬くんを連れて行かないで

と、柄にもなく祈りながら黒犬くんを連れ出して病院へ行きました。

 

獣医師に症状を説明したところ、今の可能性として一番怖いのは、

糖尿病と副腎の病気(クッシング症候群)

との見解をもとに尿検査、ついでの検便を経て

尿検査に異常なし(むしろ健康すぎる数値)で糖尿病の可能性が消え

便検査で球菌と桿菌の細菌のバランスが悪いとのことでまず薬を出され

朝は7時前に食事を済ませていたので副腎のエコーを見てみましょう、とエコーを見ることに。

すると…

副腎の大きさは身体の大きさからしたらむしろ小さく、クッシングの可能性はない。

ただ…さっき検便で大量に排泄したはずなのに腸内に残留しすぎている。

もっと上の胃を見てみると…

 

真っ暗、ところによりポコポコ

 

…?

 

獣医師「朝ごはん、7時前でしたよね?」

私「そうなんですよね…」

獣医師「この内容物はおかしいですね…」

私「そうですよね…」

獣医師「ドッグフード…ですねぇ」

 

胃にパンパンのドッグフードと思わしき影が映っており、

内容物が見えないのでした。

 

( ^ω^)・・・

 

も、もしかして…

 

私「先生、これは食べ過ぎ…ですか?」

 

ドライフードの食べ過ぎだと全てのことに説明がつきます。

体重測定で36kgを叩き出したことも(過去最高体重)

水の飲みすぎも(パッサパサのカリカリを大量に食べたら体中の水分持っていかれてしまいます)

散歩中の足取りが重かったことも

車の中でずっと落ち着かずに苦しそうだったのも

腸内細菌のバランスが不自然なのも(消化不良)

 

でも、前日帰宅してから荒らされた形跡がなかったので、何をどうやって食べたのかというのは謎のままなんですが…

蓋つきのドライフードBOXを開けて頭を突っ込んで食べ放題をキメた後、頭を引っ込めてするっと食い逃げ

獣医師と相談の上、多分そういうことだろうというストーリーにたどり着きました。

 

一応お腹の薬を3日分処方され、何人もの獣医師やスタッフの方に可愛い可愛いと甘やかされて黒犬くんが調子に乗っただけで終わった半休でした。

 

f:id:kuroinujukennsei:20190922175636j:plain

(病院たーのしーい

 と言ってそうな顔)

 

神でも神じゃなくてもいいんだけどありがとう。。。

と思った帰り道でした。

 

f:id:kuroinujukennsei:20190922180341j:plain

(留守中に開けられないように結束される冷蔵庫と破壊神時代の黒犬くん)

(ん?破壊…神???)

 

まぁ…うん、病院の費用とかすごかったけど。いいんだ。

仕事も試験勉強も頑張ります。

2018年最終日〜٩( 'ω' )و

 

昨日の長文でラストにしようと思っていたのですが、

今日が戌年最終日だ!とか、

いろいろ考えていたら今年に書き残しておこうと思うことがまだありましたので、しつこく書く!

 

2018年を振り返って、

 

前も書いた気がしますが、喪失が多い1年でした。

2017年も衝撃的で激動な年でしたが、それでも何かを喪失したりはしなくて、

でも2018年はたくさんのものたちを失いました。

 

そして新年に立てた目標はどうだったかというと

kuroinujukennsei.hatenablog.com

 

倒れない

って、

私以外が倒れとるわ(白目)

 

縁起でもねえ目標立てよったで、あんた。(誰)

もう今年は変な目標立てるのやめよう。

 

しかしながら、激動続きの2年間をなんとか過ごして来れたのは、間違いなく前職場の所長夫妻のおかげです。

今、肌身に滲みて痛感します。

引越し先でのトラブルや、受験への理解、就業環境、家庭の事情、挙げればキリがないですが、とても配慮していただいていました。

動物が嫌いな所長が、私が目を腫らして出勤した日も、咎めず、何があったかも聞かず、普段通りに接してくださった。

私は税務の仕事が好きでした。今は、やりがい?やるべきこと?はあれど仕事が好きだとは言えないなぁ~。。。

初めての事務所が前職場だったことは本当に幸せなことで、恩は忘れることはありません。

ただ、あのタイミングで離職を選択したことについての後悔もしておらず、あの事務所にあれ以上居続けることはベストではありませんでした。

 

きっと私はこの先も節目節目に今までと変わらない挨拶を所長夫妻にするのだと思いますが、それでも所長夫妻からすると裏切られたという気持ちは強いだろうな。とは思います。

 

報いることが出来なかったという大きい喪失感は残ります。

 

所長夫妻を差し置くわけではないですが、それでも最も大きかったのは、やっぱり愛した犬の腕の中で看取ったことです。

7年一緒に暮らした犬が死んだ。

他の人からすればただそれだけの話なんですが、私にとっては、私を再起させてここまで連れて来てくれて、命を賭して寄り添ってくれた存在で、

喪失感、では片付けられない思いがあります。

夢でもいいからまた会いたいです。

 

他にもありますが、何かと暗くなってきたのでここらへんにしておきます。笑

 

f:id:kuroinujukennsei:20181231193712j:plain

私の年越しそばパーティーに付き合ってくれるのもお前だけになっちゃったなぁ。

(ここらへんにと言いつつしんみり方面に持っていくのやめた方がいいと思う(他人事かのように言うけども))

 

失ったものへ抱くのはポジティブな感情ばかりではありませんが、

それでも受け容れる心境になっていて、

失ったものばかりではなく、得たものや続いた縁もあって、

全部の結果に恩を感じる年の瀬です。

今年一年の漢字、個人的には「失」な気がしていましたが、

よくよく振り返って考え直せば他の年よりも色濃いのは「恩」でした。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181231120423j:plain

 

でも、3年前に1人と2頭で初日の出を見に行った場所に今年も弾丸で行こうかと数日前まで思っていたのに急に気力がなくなったので、やはり「失」なんでしょうか?

使い回し画像で初日の出フライング鑑賞とします。

そもそも、雪がすごいとかなんとかみたいなので、私が弾丸運転したら危険ですかね、ええ。気力以前にわきまえます。

代わりに勉強時間を得ようと思います。

年越し理論やるぞー!

というわけで、様々な醜態を晒し続けてきましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

あとは、苦楽を共に出来る人間のパートナーがいてくれたらいいのになと思います。

アピールポイントは逆境に強くしぶといところです。

目をつぶってほしいところは可愛げがないところです。

神様、来年はなにとぞよろしくお願いします。

(これは目標ではなく願掛け(結局戯言で〆))

経営者の孤独

年末〜٩( 'ω' )و

 

以前は年末年始、あまり好きではなかったんです。

1週間のうちにキリスト教・仏教・神道のイベントがあって、日本って節操ないな。と。思っていました。

今は、異文化が共生するこの季節を受け入れている文化に面白さや可能性を感じます。

人は変わるものだなとしみじみ思う年末です。

(何かと大げさ)

 

そんな年末イベントな24日に一人休日出勤をしていたら代表が職場に表れて、こんな日に!?と、びっくりされ、

少しはいいことないとね。と、ランチに塊肉をご馳走になりました。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181230211526j:plain

(どーん)

 

そこで、ぽつぽつと代表の話を聞かせてもらいました。

中小企業のかかりつけ医という立場を掲げている税理士は多いですが、私の職場もそういう看板を掲げています。

でも、そういう看板を掲げている場所のトップが組織運営に悩んでいたら誰に相談するんだろう?

と、話を聞きながら思った時に、それがコンサルなんだな。と気付きました。

当たり前のことなのかもしれませんが、改めて実感しました。

 

(今回戯言長いので区切りますw)

続きを読む

悲しい日

今日から三連休〜٩( 'ω' )و

 

と思いきや、仕事が残っているので全然すっきりしないし大掃除終わらせなきゃだし

というか、24日に休日出勤することと相成りましたし

ひゃっほ~う٩( 'ω' )و

 

昨日は先週の就職面談会でゲットしたいい感じの税理士受験生の面接があり、今年は法相受験をしたらしいとのことで、

思い出したのが2年官報達成の某先生。

今年の会計人コースの臨時増刊号に合格体験記が掲載されているとのことで買って職場のデスクに置いていたので、受験生の同僚に

「伝説の2年官報の人も法相でしたけど、法相受験てすごいですよね。」

会計人コースを渡したところ、

「こんだけやらなきゃ受からないとか逆にモチベーション落ちますよね」

と言われ、とても悲しい気持ちになりました。

私には、これだけやりきれれば合格出来るかもしれない、という希望に映りましたし、

○○○さん、量も質もすごかったですが日曜日お休みされてましたし、休むのも大事だというバランスが素晴らしいと思うんですが…

試験に対するモチベーションが違うんだなぁ。と。

私に関してはスタプラで実際に見ていたということも大いにあるのでしょうが。

ただ、私も最近までモチベーションだだ下がりしていたのでお気持ちはわからなくもない。

 

しかし、モチベーションの低さが新しく入ってくるいい感じの新入社員に悪影響を及ぼさないだろうか

という不安があります。

 

他人は変えられないとは思いますが、負の連鎖の恐ろしさ、集団心理の強さは憶えがあります。

新入社員への悪影響も懸念ですが、新入社員から見切られることも懸念です。

同時に、自分が組織を見切ることも懸念していて、私の後に入って来る新しい人にこの思いをさせてはいけないなと思います。

 

そんなことを一晩ぼんやり考えて、作業を中断する必要がない環境で体制を整えたかったので、今朝、上長に月曜日の休日出勤の申請をしました。

「無理はしなくていいのですよ」と言っていただきましたが、

「後で無理をしないための無理です。許可が下りるようであればお願いします。」

「承知しました。ごめんなさいね。」 

 

謝られもした(*'▿'*)

いや、許さんぞ。覚えてろ(*'▿'*)

という気概を持ちつつ、今日が冬至ということを思い出したので片付けきらない部屋に見切りをつけて冬至パーティーを開催することにしました。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181222190358j:plain

かぼちゃポタージュと大根の浅漬けという節操のないペア

 

f:id:kuroinujukennsei:20181222190431j:plain

浅漬けで一部削られたゆずを使用したゆず湯

 

いいんです。雑なのが楽しいんです。 

自らと黒犬の無病息災を願うための験担ぎくらいはしておく。

(冷蔵庫の残り物処理祭りともいう。)

 

でも、冬至っていう気候でもないから年末感もまだないです。

とか言ってるとさくっと年越しているんだろうなぁ。

そういえば今年は病と災だらけだったなぁ。今年の漢字も「災」だったんでしたっけ。

とりあえず黒い犬も脚だけでもゆず湯浸けとこ。

変えられないものと変えられるもの

今日は職場で代表に急に呼び出されました~٩( 'ω' )و

 

なにかやらかした!!?

と驚いていたら、呼びに来てくれた先輩が

「今僕が呼ばれたのが賞与の話だったから、もしかするんじゃない?」

と。

 

就業1ヶ月なので就業規則的に出ないはず。

 

「え!じゃあ行きます!」(じゃあ、て

 

と言ったらメロンパン税理士(前回ブログ参照)が

 

「〇〇さんは忙しそうだからここは代わりに私が行こう。役員で賞与でないからさぁ」

「どんなパワハラですか」

 

等々、和気あいあい意気揚々と面談に行き、

残業不可避の業務量にお手上げだと直談判をしました。

 

入社1ヶ月で月次決算15社って他の事務所だと任される量として妥当なんでしょうか?

慣れないシステムで年調もあるので、

その他の仕事も事務所内ルールを把握するところからなので、

む、無理~☆

 

勉強を優先したいので残業はできる限りしたくないと面接で言ったはずです〜

 

…と、いう主張は以前もしているという状況の中で、

 

「自己開示をしなさい。

自分が何を優先したくて、今どういう状況で、何がわからないか、何が出来るか。

何でも受けていたら出来ると思ってどんどん仕事は振られるから。

他人はあなたの状況がわからないから、自己開示をしなさい。

(私が以前勤めていた会社の)○○社長も言ってるよね?

『過去と他人は変えられないけど』?」

 

「『未来と自分は変えられる』、ですか。」

 

「そういうことだよね。

はい、頑張ってるからこれね。賞与とは言えない寸志みたいな金額だけど。

頑張ってね。」

 

と、賞与明細をいただきました…!

うまく丸め込まれた感…!

 

いや、ホワイトすぎるぬるま湯事務所に浸かっていたので忘れていましたが、

私、元来は社畜属性なのでした。

 

そうか!タスク管理と自己開示か!!

 

と、打開の道が開けた気がして、帰りもやはり意気揚々と面談の場を後にしたのでした。

 

というか、前の事務所の時も12月入社なのに少額ボーナスをいただいたのですが、ないと言っておいて支給するのは税理士業界の慣習なのでしょうか?

頭が上がらなくなるでしょうが。

(まんまと)

 

とは言ったものの、本気でやろうと思ったら勉強するものなんですよね。

ここ数日、半ギレで(?)早起きできてますもん。

勉強習慣、戻ってきましたもん。

「忙しいとは心を亡くすと書くんだよ」

とドヤ顔で言っていた友人(国語の教師)が頭をよぎることがあり、モヤっとしますが、

余計なことを考える時間がない方が躍起になって集中する、という場合に該当する、ような気が現在。

 

それにしてももう少し仕事の時間を短縮させないといけないのですが、

タスク管理は課題にしても、自己開示というのはここ数年殺してきた部分なので難しい。

とはいえ、若かりし頃は自己主張のカタマリでしたので、その頃の感覚を少し彷彿する気配がしています。

 

長らく見失っていた自分の一面、青臭い自己主張なら退化だという見方もありますが、 

見失った間に培ったものは変わらないわけだから、足し算で自己開示に至れるんじゃないか

 

そんなことをぼんやり考えながら、相手と対話をしながら自己開示をするということを念頭に置いて仕事をしようと思った次第でした。

 

本当に、他人と過去は変えられないと、心底思います。

自分で自分を生きていく。

どんな形であれ、この先には未来しかない。

 

仕事が押すなら勉強を前倒す。

最近は日の出が遅いので、ちょっと寝坊をしたところでどこもかしこも綺麗ですしね。

真っ暗な時間に勉強を一区切りつけてから、夜と朝の境界線を、走る、歩く。

 

 

f:id:kuroinujukennsei:20181221074744j:plain

 

朝に向かう。

よし、とりあえず、寝よう。