税理士目指しながらいろいろ書く人のブログ

税理士目指しながらいろいろ書く人のブログです

2018年最終日〜٩( 'ω' )و

 

昨日の長文でラストにしようと思っていたのですが、

今日が戌年最終日だ!とか、

いろいろ考えていたら今年に書き残しておこうと思うことがまだありましたので、しつこく書く!

 

2018年を振り返って、

 

前も書いた気がしますが、喪失が多い1年でした。

2017年も衝撃的で激動な年でしたが、それでも何かを喪失したりはしなくて、

でも2018年はたくさんのものたちを失いました。

 

そして新年に立てた目標はどうだったかというと

kuroinujukennsei.hatenablog.com

 

倒れない

って、

私以外が倒れとるわ(白目)

 

縁起でもねえ目標立てよったで、あんた。(誰)

もう今年は変な目標立てるのやめよう。

 

しかしながら、激動続きの2年間をなんとか過ごして来れたのは、間違いなく前職場の所長夫妻のおかげです。

今、肌身に滲みて痛感します。

引越し先でのトラブルや、受験への理解、就業環境、家庭の事情、挙げればキリがないですが、とても配慮していただいていました。

動物が嫌いな所長が、私が目を腫らして出勤した日も、咎めず、何があったかも聞かず、普段通りに接してくださった。

私は税務の仕事が好きでした。今は、やりがい?やるべきこと?はあれど仕事が好きだとは言えないなぁ~。。。

初めての事務所が前職場だったことは本当に幸せなことで、恩は忘れることはありません。

ただ、あのタイミングで離職を選択したことについての後悔もしておらず、あの事務所にあれ以上居続けることはベストではありませんでした。

 

きっと私はこの先も節目節目に今までと変わらない挨拶を所長夫妻にするのだと思いますが、それでも所長夫妻からすると裏切られたという気持ちは強いだろうな。とは思います。

 

報いることが出来なかったという大きい喪失感は残ります。

 

所長夫妻を差し置くわけではないですが、それでも最も大きかったのは、やっぱり愛した犬の腕の中で看取ったことです。

7年一緒に暮らした犬が死んだ。

他の人からすればただそれだけの話なんですが、私にとっては、私を再起させてここまで連れて来てくれて、命を賭して寄り添ってくれた存在で、

喪失感、では片付けられない思いがあります。

夢でもいいからまた会いたいです。

 

他にもありますが、何かと暗くなってきたのでここらへんにしておきます。笑

 

f:id:kuroinujukennsei:20181231193712j:plain

私の年越しそばパーティーに付き合ってくれるのもお前だけになっちゃったなぁ。

(ここらへんにと言いつつしんみり方面に持っていくのやめた方がいいと思う(他人事かのように言うけども))

 

失ったものへ抱くのはポジティブな感情ばかりではありませんが、

それでも受け容れる心境になっていて、

失ったものばかりではなく、得たものや続いた縁もあって、

全部の結果に恩を感じる年の瀬です。

今年一年の漢字、個人的には「失」な気がしていましたが、

よくよく振り返って考え直せば他の年よりも色濃いのは「恩」でした。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181231120423j:plain

 

でも、3年前に1人と2頭で初日の出を見に行った場所に今年も弾丸で行こうかと数日前まで思っていたのに急に気力がなくなったので、やはり「失」なんでしょうか?

使い回し画像で初日の出フライング鑑賞とします。

そもそも、雪がすごいとかなんとかみたいなので、私が弾丸運転したら危険ですかね、ええ。気力以前にわきまえます。

代わりに勉強時間を得ようと思います。

年越し理論やるぞー!

というわけで、様々な醜態を晒し続けてきましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

あとは、苦楽を共に出来る人間のパートナーがいてくれたらいいのになと思います。

アピールポイントは逆境に強くしぶといところです。

目をつぶってほしいところは可愛げがないところです。

神様、来年はなにとぞよろしくお願いします。

(これは目標ではなく願掛け(結局戯言で〆))

経営者の孤独

年末〜٩( 'ω' )و

 

以前は年末年始、あまり好きではなかったんです。

1週間のうちにキリスト教・仏教・神道のイベントがあって、日本って節操ないな。と。思っていました。

今は、異文化が共生するこの季節を受け入れている文化に面白さや可能性を感じます。

人は変わるものだなとしみじみ思う年末です。

(何かと大げさ)

 

そんな年末イベントな24日に一人休日出勤をしていたら代表が職場に表れて、こんな日に!?と、びっくりされ、

少しはいいことないとね。と、ランチに塊肉をご馳走になりました。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181230211526j:plain

(どーん)

 

そこで、ぽつぽつと代表の話を聞かせてもらいました。

中小企業のかかりつけ医という立場を掲げている税理士は多いですが、私の職場もそういう看板を掲げています。

でも、そういう看板を掲げている場所のトップが組織運営に悩んでいたら誰に相談するんだろう?

と、話を聞きながら思った時に、それがコンサルなんだな。と気付きました。

当たり前のことなのかもしれませんが、改めて実感しました。

 

(今回戯言長いので区切りますw)

続きを読む

悲しい日

今日から三連休〜٩( 'ω' )و

 

と思いきや、仕事が残っているので全然すっきりしないし大掃除終わらせなきゃだし

というか、24日に休日出勤することと相成りましたし

ひゃっほ~う٩( 'ω' )و

 

昨日は先週の就職面談会でゲットしたいい感じの税理士受験生の面接があり、今年は法相受験をしたらしいとのことで、

思い出したのが2年官報達成の某先生。

今年の会計人コースの臨時増刊号に合格体験記が掲載されているとのことで買って職場のデスクに置いていたので、受験生の同僚に

「伝説の2年官報の人も法相でしたけど、法相受験てすごいですよね。」

会計人コースを渡したところ、

「こんだけやらなきゃ受からないとか逆にモチベーション落ちますよね」

と言われ、とても悲しい気持ちになりました。

私には、これだけやりきれれば合格出来るかもしれない、という希望に映りましたし、

○○○さん、量も質もすごかったですが日曜日お休みされてましたし、休むのも大事だというバランスが素晴らしいと思うんですが…

試験に対するモチベーションが違うんだなぁ。と。

私に関してはスタプラで実際に見ていたということも大いにあるのでしょうが。

ただ、私も最近までモチベーションだだ下がりしていたのでお気持ちはわからなくもない。

 

しかし、モチベーションの低さが新しく入ってくるいい感じの新入社員に悪影響を及ぼさないだろうか

という不安があります。

 

他人は変えられないとは思いますが、負の連鎖の恐ろしさ、集団心理の強さは憶えがあります。

新入社員への悪影響も懸念ですが、新入社員から見切られることも懸念です。

同時に、自分が組織を見切ることも懸念していて、私の後に入って来る新しい人にこの思いをさせてはいけないなと思います。

 

そんなことを一晩ぼんやり考えて、作業を中断する必要がない環境で体制を整えたかったので、今朝、上長に月曜日の休日出勤の申請をしました。

「無理はしなくていいのですよ」と言っていただきましたが、

「後で無理をしないための無理です。許可が下りるようであればお願いします。」

「承知しました。ごめんなさいね。」 

 

謝られもした(*'▿'*)

いや、許さんぞ。覚えてろ(*'▿'*)

という気概を持ちつつ、今日が冬至ということを思い出したので片付けきらない部屋に見切りをつけて冬至パーティーを開催することにしました。

 

f:id:kuroinujukennsei:20181222190358j:plain

かぼちゃポタージュと大根の浅漬けという節操のないペア

 

f:id:kuroinujukennsei:20181222190431j:plain

浅漬けで一部削られたゆずを使用したゆず湯

 

いいんです。雑なのが楽しいんです。 

自らと黒犬の無病息災を願うための験担ぎくらいはしておく。

(冷蔵庫の残り物処理祭りともいう。)

 

でも、冬至っていう気候でもないから年末感もまだないです。

とか言ってるとさくっと年越しているんだろうなぁ。

そういえば今年は病と災だらけだったなぁ。今年の漢字も「災」だったんでしたっけ。

とりあえず黒い犬も脚だけでもゆず湯浸けとこ。

変えられないものと変えられるもの

今日は職場で代表に急に呼び出されました~٩( 'ω' )و

 

なにかやらかした!!?

と驚いていたら、呼びに来てくれた先輩が

「今僕が呼ばれたのが賞与の話だったから、もしかするんじゃない?」

と。

 

就業1ヶ月なので就業規則的に出ないはず。

 

「え!じゃあ行きます!」(じゃあ、て

 

と言ったらメロンパン税理士(前回ブログ参照)が

 

「〇〇さんは忙しそうだからここは代わりに私が行こう。役員で賞与でないからさぁ」

「どんなパワハラですか」

 

等々、和気あいあい意気揚々と面談に行き、

残業不可避の業務量にお手上げだと直談判をしました。

 

入社1ヶ月で月次決算15社って他の事務所だと任される量として妥当なんでしょうか?

慣れないシステムで年調もあるので、

その他の仕事も事務所内ルールを把握するところからなので、

む、無理~☆

 

勉強を優先したいので残業はできる限りしたくないと面接で言ったはずです〜

 

…と、いう主張は以前もしているという状況の中で、

 

「自己開示をしなさい。

自分が何を優先したくて、今どういう状況で、何がわからないか、何が出来るか。

何でも受けていたら出来ると思ってどんどん仕事は振られるから。

他人はあなたの状況がわからないから、自己開示をしなさい。

(私が以前勤めていた会社の)○○社長も言ってるよね?

『過去と他人は変えられないけど』?」

 

「『未来と自分は変えられる』、ですか。」

 

「そういうことだよね。

はい、頑張ってるからこれね。賞与とは言えない寸志みたいな金額だけど。

頑張ってね。」

 

と、賞与明細をいただきました…!

うまく丸め込まれた感…!

 

いや、ホワイトすぎるぬるま湯事務所に浸かっていたので忘れていましたが、

私、元来は社畜属性なのでした。

 

そうか!タスク管理と自己開示か!!

 

と、打開の道が開けた気がして、帰りもやはり意気揚々と面談の場を後にしたのでした。

 

というか、前の事務所の時も12月入社なのに少額ボーナスをいただいたのですが、ないと言っておいて支給するのは税理士業界の慣習なのでしょうか?

頭が上がらなくなるでしょうが。

(まんまと)

 

とは言ったものの、本気でやろうと思ったら勉強するものなんですよね。

ここ数日、半ギレで(?)早起きできてますもん。

勉強習慣、戻ってきましたもん。

「忙しいとは心を亡くすと書くんだよ」

とドヤ顔で言っていた友人(国語の教師)が頭をよぎることがあり、モヤっとしますが、

余計なことを考える時間がない方が躍起になって集中する、という場合に該当する、ような気が現在。

 

それにしてももう少し仕事の時間を短縮させないといけないのですが、

タスク管理は課題にしても、自己開示というのはここ数年殺してきた部分なので難しい。

とはいえ、若かりし頃は自己主張のカタマリでしたので、その頃の感覚を少し彷彿する気配がしています。

 

長らく見失っていた自分の一面、青臭い自己主張なら退化だという見方もありますが、 

見失った間に培ったものは変わらないわけだから、足し算で自己開示に至れるんじゃないか

 

そんなことをぼんやり考えながら、相手と対話をしながら自己開示をするということを念頭に置いて仕事をしようと思った次第でした。

 

本当に、他人と過去は変えられないと、心底思います。

自分で自分を生きていく。

どんな形であれ、この先には未来しかない。

 

仕事が押すなら勉強を前倒す。

最近は日の出が遅いので、ちょっと寝坊をしたところでどこもかしこも綺麗ですしね。

真っ暗な時間に勉強を一区切りつけてから、夜と朝の境界線を、走る、歩く。

 

 

f:id:kuroinujukennsei:20181221074744j:plain

 

朝に向かう。

よし、とりあえず、寝よう。

58+9

寒い٩( 'ω' )و

 

本題から申し上げますと、

簿記論58

所得税法9

でした!

言わずもがな、結果通知の件です。

 

今年から点数出るっていうのはこういう感じなんですね~

 

簿記論~

 

あと2点て~

 

ほげ~~~

 

A判定って出るよりキツいです~

 

逆に所得税法の9点はどこから持ってきたのか~

実務の知識だけで無理矢理書いた所得控除が当たったか?それとも記名だけで9点か〜?

 

納得するのは難しいですけど、相対試験の配点ていうのはきっとこういうことなんですよね。

今年合格になるのは上位の14%の人だけ。

いくら模試で上位やS判定取っても本試験で合格点に至らないと意味がない。

 

まぁ、ね、でもね、重ねた勉強時間は来年に活かしますから。

来年2科目必ず取りますから。

というか、昨年から今年は勉強出来る精神状態じゃなかったのに直前期の模試の結果が本当に奇跡的すぎました。

なんだったんだろう?

その後油断したのと直前期にも関わらずお付き合いする人が出来たのもよくなかったですね。

直前期の危機感まるでなし。

でも、来年繰り返さないようにすればいい。と思うことにします。

ちょうど振られましたし。←

いろんなことを遠まわしに言われましたが、恐らく、10年程のお付き合いだった元恋人と復縁するんだろうなと思います。

黒犬さんが余命宣告されて亡くなる前に私の精神がボロボロだったあたりから何かあるとは思っていましたが、

そりゃ、付き合いが浅いのに悪い時期や環境の変化が重なりまくって乱高下しまくったので離れていくのも無理もないなとは思うのですが、

 

私、めっちゃ当て馬やんけーーーーーーー

 

というプライベートな吐露を始めてしまうと止まらなくなりそうなので自粛しますが、信用してみようかと思った人ができた端からこんな調子ですし、

今年の簿記論は講師も「受かってるでしょ」と言っていた点数なのに落ちてるし、

他も書くのが躊躇われるものたちも含め、今年は落とすものや失うものが多すぎる一年でした。

 

あ、いやいや、なんか締めっぽくなってしまいましたが、(湿っぽくもありますが←)

 

そんな試験結果は昼休みをずらして利用して14日の夕方に一瞬帰宅させてもらって職場に持ち込んだわけですが、

戻ったら隣の席の税理士に結果を聞かれたので報告したところ、

「まぁ今日は食べなさい。お酒を入れる前に。」

と、なぜかどこからか出してきたメロンパンを渡されまして。。。

 

周りから、

「この後忘年会、ミシュランのフレンチだよ?」

「けっこう量出るよ、食べれなかったらもったいないよ」

等々ご心配をいただきつつ、

「食うんかーーーーーい」

とツッコミを受けました。

その後の忘年会でもネタにしたところ、ちゃんとウケていただいて、ありがたい人間関係の職場だなと思いました。

 

翌日は、大原で就職面談会に参加。

まさか初参加が買い手側だとは思ってもみませんでした。しかも就職後1ヶ月で。

疲れましたが、いい経験になりました。

 

しかし、ブースに座った人の一人にかつて簿記論初年度に同じクラスで受講していてバケモノな点数を取っていたっぽい(講師との会話でなんとなくそんな感じだった)人がいて、さらには面接の予定を入れていることが面談会後に判明し、

「うわ、この人私、前に簿記論のクラスで一緒でしたよ」

と言ったら、3歳年下の先輩が

「え、僕もこの人一緒でしたよ。あれ?66回の○○先生のクラスでした?」

「「あれ?もしかして同じ授業受けてました?」」

ということになり、結果的に先輩と私は午前クラスと夜クラスだったのでメインの出席は被っていなかったようですが、何回かは被ってるかもしれず、バケモノ受験生は何回講義を受けていたのか?という疑問もありつつ、世間の狭さに驚いたのでした。

 

そんな先輩は院免で今年の消費税でリーチ、全国模試も10%以内だし自己採点もボーダー以上だったようで、結果は

消費税57

 

 

。。。なんでや。

税理士試験こわい。

 

ちなみに、メロンパンをくれた税理士に

「来年はメロンパンをいただかなくて済むように頑張ります」

と言ったところ、

「合格したらカレーパンを差し上げます。」

と言われました。

パン不可避の謎。

来年のカレーパンを2つ、予約しておきました。

一週間

新しい職場~✧٩( 'ω' )و✧

 

で、一週間が終わりました_( :⁍ 」 )_

 

前職場を退職する際、所長に

「何も教えられないままにどんどん仕事を任せてしまったけど、

どんどん出来るようになって、竹のように伸びていくから一緒に仕事をした5年間は本当に楽しかったし、俺の足りないところもわかって刺激になった。ありがとう。

君ならどこでもやっていけるから心配してないけど、もし食うのに困ったら飯くらいならいつでも食べさせてやるからいつでも来なさい。近所なんだし。」

と、感涙駄々洩れなお言葉を頂戴したのですが、

 

いやあ、

 

会計ソフトの使い方がわっかんねwwwwww

 

いやいや、使えるんですけど、元帳とか試算表とか日計表とかがあるのは変わらないので、まぁなんとか入力は出来るんですけど、

遅いんです!

笑うくらい遅くて、まず効率のいい入力の仕方を聞いてまわるというのが主な仕事でした( ᐛ )و

所長ー!私、やれてませーーーーん!!(心の中で高らかに叫びました)

 

システムツールも使ってるものが多くて、ID&パスワード管理皆さんこれどうしてるんですか?????的な♪

日報を毎日上げるということも前職場ではなかったので、コメント欄何書いたらいいんだろう?と思って、上に書いたような思ったことを自由に書いたら、業務内容だけ入力すればコメント欄は埋めなくてもよかった(他の人埋めてない)的な♪

 

概要は教えていただきつつも細かいところは手探りなのは仕方がないですし、

事務所のホームページすらなく、所長夫妻と私だけでほぼ会話がなかった前職場とは対照的で、楽しいです。

もちろん、対照的だからこそ前職場のよかったところもわかったりして、それも転職してよかったなーと思いますし、職務経験という側面でタイミングとしてはよかったなー。と、思います。

 

懸念は、残業時間。。。

前職場は残業どころか定時前に帰っていたので、勉強時間の確保がどうかなー?といったところです。

まぁ、短時間ですが久々に電車通勤が復活したので、最低限の電車DE理論はやれていて、これが習慣化するならそれはそれでいいな。と思っています。

面接の時点で「私、残業したくないんです!」と力強く言い放ちましたが採用されているので、空気を読まずに仕事を終わらせたら帰るというのが今月の目標です。

 

仕事の進捗的な目標としては、1ヶ月で小さい担当5件程度、3ヶ月で10件、半年で15件…と聞いていたのですが、一週間目で早くも2.5件、金曜日の時点ですでに翌週3件回されることが確定したと聞いたので、早いとこ入力慣れないと首が締まる~0(:3 )〜 _(:3」∠)_

 

その他のことも新たに生じる現実が日々やってきて、いろいろと向き合わなきゃならんのですが、もうすでにダラダラ書いたので割愛ᐠ( ᐛ )ᐟ

あ~自分がもう一人欲しいなぁᐠ( ᐛ )ᐟ

頑張ろーᐠ( ᐛ )ᐟ

自分の強み?弱み?

いきなりですが、ブログで勉強時間の月次振り返るのをやめました。

楽しくなくなったからです。(キリッ

 

気が向いたときに書きます。

 

で、

転職に当たってもう1社受けることにした私です。

 

お付き合いしている方に最近言われたのが

「見切りが早い(から、一呼吸置きなさい)」

ということなのですが…

 

どうやらそういう印象を持たれるのは最近の傾向や特定の人のものではなかったらしく。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

実は新たに受けるところが、以前勤めていた会社の顧問税理士法人なのですが、

履歴書に会社名を書いたら以前勤めていた会社の社長に連絡が行ってしまうかもしれないな。

 

と、懸念し、以前の会社の社長に

転職活動中であること、

当該税理士法人を受けようとしていること、

履歴書と職務経歴書に社名を書かざるをえないので、もしかしたらご連絡が行ってしまえばご迷惑をおかけするかもしれないこと等々を

先に電話で連絡しておきました。

 

「おぉ、そうか。あそこはいい会社だからな。頑張れよ。」

 

くらいに軽く了承してくださいました。

 

それで、昨日面接に行ったのですが、

案の定以前の会社について話を振られ、

 

「実は○○社長からもご連絡をいただきまして、よろしくと仰っていました。」

 

って、社長ーーーーーーーーーー!!

そんなつもりじゃなかったのに!!

かえって余計なことをしてくださってお手間をおかけさせてしまって申し訳ありません!!

 

というびっくり顔を披露してしまったので、それはもうざっくばらんに面接は進みました。

 

 

おかしいと思っていたんですよね。

書類到着が11時台なのに、(書留追跡(ストーカー気質ドンマイ))

面接の日程調整の連絡がきたのが13時で。

履歴書とか見たのだろうか?

社内選考とかないのだろうか?

お昼休みちゃんと休まれてます?

とな思っていたのですが、そうか、私はコネを使ってしまっていたのか。と。

少しは言及あるかな、くらいの認識だったのですが、各方面にどうもすみません。

 

面接後は筆記試験と適性検査のようなものを受けたのですが、

 

精算表作成と消費税の課否判定が問われまして、

 

まぁ、貸借合わないですね。←

 

あれ?私今年簿記論受験してなかったっけ?

って思いますよね。

でも、実務で精算表とか作らないし。

え、作るんでしょうか、よその事務所は?

そういうところも含めて井の中の蛙をしているので、

まぁ、、なんだ、、とっても刺激になりました。

 

でもね?(ラーメンズ片桐調で)

 

現金過不足が雑損処理出来ない場合に役員借入金みたいな項目もなくて、それってそしたらどこに入れるんですか?って。

解答欄なくないですか?って。

 

って。

 

時間目いっぱい使ったんですけどね、なぜか最終的に売上原価に放り込みました。

 

不正解に決まってル☆

 

そんな面接の出来だったので、一週間後までに最終面接に進むかどうかの連絡をいだけるとのことでしたが微妙な気持ちで帰宅し、再度社長にご連絡せねば。。。

と、連絡をしたら

 

「お前が筋を通したんだからこっちも筋を通さないとと思ってな。

どんな人なのか聞かれたから、真面目だしいい人材だと言っておいたぞ。

ただ、負けん気も強くてカッとなったときの一瞬の堪えどころのなさはある、とも言っておいた。」

 

と。

しゃ、しゃちょぅ。。。

 

まぁ、退職理由が上司と揉めて、その月の末で辞めるに至った、

というものなので、まぁ、うん、まぁ、致し方ないですよね。

 

ただ、初耳だったのが

 

「あの後いろいろあってな。

結局お前が喧嘩した上司も含めた幹部3人の不正と横領が明るみになって

3人を懲戒解雇にしたけど、相談出来る環境を作ってやれなかったことであの頃辞めていった子たちには申し訳なかったなと思ってた。

頑張ってるみたいでほっとしたのは正直ある。」

 

と。。。

しゃちょーーーおぅ!!

 

思わぬ話を耳にして思わぬわだかまりが解けましたが、

 

「お前いくつになった?いい加減結婚はしたのか?彼氏いるのか?」

 

と、余計なことを気にかけていただいたりもして、

採用になったらお祝いで飲みに連れて行ってやる、とも言っていただきました。

ありがたいことです。

 

あ、いや、閑話休題

 

自分の弱みを指摘していただけることってなかなかないですよね。

自分としては結果的に強みだと思っていた選択力というか、意思決定の早さというか、思い切りのよさも、やはり立場を変えればそれによって迷惑を被ったり不快な思いをする人がいるわけで。

長期的に見る視点や他の人への配慮やフォローもしなければいけないなと。

思うんですけどね、一瞬の導火線の短さね~~~~~。。。

自分の至る結果に対しては責任を負うつもりでしたが、必要なのはそれだけじゃないんですね。

 

最も短期的な課題は、

着火してしまった短い導火線の火の後始末

です。(自戒)

 

あとは、私の強みってじゃあ、なんだろ~~~?

ってとこですかね。

いいところも悪いところも私自身が抱えてやらねばならないのですが、

悪いところばっかりだと嫌になっちゃうかもしれないですよねぇ。

それにしても私は客観的評価を今まで軽視しすぎていたかもしれません。

 

という、近々の収穫と反省のお話でした。

転職って自分を振り返る機会になりますね。

相変わらず税理士目指してダラダラ書く人のブログで申し訳ございませんっ

(2163文字)